スタッフ

医師  |  スタッフ

外来

 外来看護部門は、脳神経外科と内科に分かれ、専門性を活かした看護を目指しています。

 脳神経外科外来では、画像診断を主に脳神経疾患(脳梗塞・脳出血・頭痛・パーキンソン病など)の治療を行っています。
その他に、高血圧・睡眠時無呼吸症候群など幅広い分野で患者様に対応しております。 看護師は、専門知識を基に疾患に応じた問診及び患者教育を行い、医師との連携を密にし、チームとして患者様をサポートできるよう心がけています。

 内科外来は、糖尿病専門外来を行っており、糖尿病専門医を中心に糖尿病療養指導士・管理栄養士・理学療法士・健康運動実践指導者でチームとして患者様に関わり、個々のニーズに対応できるよう努めています。

病棟

 病棟では、看護・介護スタッフが各々の専門性を活かし、患者様の安心と満足度向上のため、日々援助を行っています。

また、他の部署と連携し、質の高い医療サービスの提供に向け活動しております。

受付

 患者さまに安心して受診していただけるよう、チーム全体で「思いやりのある対応」「正確な診療報酬請求」を目指しています。

 診断書や公費制度など、診療以外についてのご質問もお気軽にお問い合わせください。

リハビリテーション科

 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が、入院・外来・通所リハビリの患者様に対しリハビリを行います。 「機能改善・QOLの向上」を目的に、専門性の高いリハビリを行えるよう努めています。

 誠実であることを心がけ、問題改善に向けて医師・看護師・MSW・介護スタッフと連携し、亜急性期から在宅生活までスタッフ全員で力を合わせて支援いたします。

検査部(放射線科・臨床検査科)

 検査部ではMRI・CT・エコーをはじめとして、各種の充実した検査装置を活用し、診療のお手伝いをさせて頂いております。

 患者様の病状に応じた柔軟な対応で、心の通う検査を目指しています。

厨房

 管理栄養士&調理師で、毎日の食事を提供しています。

 下処理・仕込み・調理・盛り付け・配膳・下膳・洗浄などを担い、一般食・特別食(病気治療を目的とした食事)などを、患者様の病状に合わせて安全に美味しく召し上がって頂けるよう、日々努力しております。 また、季節に応じた「食のお便り」や、毎月の「行事食」にも力を入れています。通所リハビリテーションつばさの利用者の方には、手作りのおやつも提供して喜ばれています。

 それぞれのスタッフが、料理を通じて患者様に明るさを伝え、入院生活を少しでも楽しく過ごして頂けるように、また1日でも早く回復されることを願いつつ、心を込めて調理しております。 これからも患者様により喜んでいただけるよう、スタッフ一同頑張ります!

企画

 簡単に部署を紹介すると「縁の下の力持ち」です。
・患者様にとって、スタッフにとって、「より良い環境」の整備を行っています。
・全ての部署に関わる業務のサポートを行っています。

 病院の姿勢でもある「自分や自分の家族が受けたいと思う医療やサービスを提供する。」をモットーに、そして「出会いを大切に」の心を忘れず、日々活動しています。院内で「感じたこと」「ふと思ったこと」「どこに相談していいのか迷った時」には、企画事務室へご相談下さい。

きらら室

 地域医療連携室「きらら」と、PC業務を行う企画スタッフとが混在している部屋です。多方面から、患者様の生活をサポートさせていただいております。

 他部署に比べて平均年齢が若干高めではありますが、これまでの豊富な業務経験を活かし、患者様のお役に立てるよう頑張ってまいります。

↑ページの先頭へ