禁煙外来

担当医師
内科医 伊崎 明
    伊崎 美和

喫煙は肺癌をはじめとするさまざまな癌の原因として有名ですが、動脈硬化症も進行させます。
糖尿病の患者様はもちろん、動脈硬化症の基礎疾患(高血圧、脂質異常症など)をお持ちの患者様は、ぜひ禁煙されることをお勧めします。

2006年6月から、禁煙外来を許可された医療機関においては、禁煙の離脱症状を緩和するニコチンパッチや、経口の禁煙補助薬の処方が保健適用となりました。
お問い合わせ:0957-54-4230

禁煙外来の費用(3割負担)

禁煙外来の費用(3割負担の概算)

診療費合計 (5回受診) 約7,000円
薬剤費合計 ニコチネル®TTS®の場合 約8,000円
チャンピックス®の場合 約15,000円

※参考:1日タバコ20本、1ヶ月のタバコ代 約13,500円


保険適用の場合

保険適用の条件
  1. 直ちに禁煙しようと考えていること
  2. ニコチン依存症のスクリーニングテスト(TDS)が5点以上であること
  3. ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上であること
  4. 禁煙治療を受けることを文章により同意していること

↑ページの先頭へ

参考資料

ニコチンパッチ(ニコチネル®TTS®
スモーカーライザー
呼気中の一酸化炭素濃度を測定します。
禁煙外来で毎回測定します。
禁煙により呼気がきれいになっていくのが数字で実感できます。

経口禁煙補助薬(チャンピックス®

↑ページの先頭へ